80~120℃程の温度環境でしっかり作業ができる手袋

■あまり高くない温度帯での耐熱手袋
『80℃程の環境で治具の取り換えができる手袋はありませんか?』が始まりです。
製造現場では100℃以下の環境であっても、何かしらの 『作業』 が求められることは少なくありません。
200℃、300℃に対応した手袋はありましたが、作業性の良い耐熱手袋がなく
お客様にお声がけを頂いたことで、クリーン耐熱手袋は開発されました。

●クリーンルーム対応!
手袋表面はポリウレタンフィルムを張り合わせた生地を全面に使用することで、手袋内側からの異物の脱落等を防止しており
クリーン環境でもご使用頂けます。

●やわらかな履き心地!
手袋の作業温度帯を80~120℃に設定することで、より柔軟な素材を選定し、作業性の良い柔らかな履き心地を実現しました。

●作業温度帯80~120℃
推奨する作業温度帯は80~120℃です。熱板をつかむ体感テストでは80℃の時45秒、120℃の時13秒で熱く感じます。
※体感温度には個人差がありますので、目安とお考え下さい。保証値ではありません。
※手袋素材の耐熱温度は180℃以上ですが、手は熱く感じますので高温での作業は火傷の恐れもありますのでご注意下さい。

●シンプルデザインでコストを合理化!
生地の縫製箇所を最小化した独自のシンプルデザインを採用することでコストパフォーマンスを向上させております。

●食品衛生法適合品!
表面素材は食品衛生法に適合していますので食品業界でも安心してご使用頂けます。
また、手袋表面に青色生地を採用し、万が一手袋が破れた場合でも生地片の視認性を上げ、異物混入を防止しやすい仕様となっております。

●通常丈とロングスタイル!
通常丈の 『BL3974』 とロングスタイルの 『BL3974-LG』 がありますので、用途によって選択頂けます。
※国内生産品ですので、定番サイズ以外に関しましてもご相談ください。