COMPANY企業情報

沿革沿革

沿革

昭和25年5月
高松市福岡町に於て高松酸素株式会社を設立し、空気液化分離器にて酸素ガス、窒素ガスの製造を開始。
昭和38年12月
高松酸素株式会社と帝國酸素株式会社(現:日本エア・リキード株式会社)の出資により高松帝酸株式会社(現:松山オキシトン株式会社)を設立し、酸素ガス、窒素ガスの販売を開始。
昭和43年12月
新居浜市菊本町に新居浜工場並びに営業所を開設し、酸素ガス、窒素ガス、炭酸ガスの充填を開始。
昭和47年7月
東レ愛媛工場に窒素ガスを供給するため、高松帝酸株式会社を松山オキシトン株式会社に称号変更し、業務内容を窒素ガス及び、液化酸素、液化窒素の製造専業に変更。同時に同社の100%出資により現在の高松帝酸株式会社を設立。同社の販売業務並びに酸素ガス充填業務を当社に移管。
昭和48年8月
香川県仲多度郡多度津町に多度津工場並びに営業所を開設し、酸素ガスの充填を開始。
昭和50年12月
松山オキシトン株式会社の隣接地にエヒメ酸素株式会社(現:同社 松山事業所)を設立し、酸素ガス、窒素ガス、炭酸ガスの充填を開始。同時にエヒメ酸素株式会社内に高松帝酸株式会社 松山営業所を開設。
昭和52年7月
本社工場及び事務所を福岡町より朝日町(現在地)に移転。
昭和53年11月
川重防災工業株式会社(現:エア・ウォーター防災株式会社)と技術提携し、防災機器及び設備、医療用機器及び設備の営業を開始。
昭和55年10月
高知市南新田町に高知営業所を開設。
昭和57年10月
建設業、建設大臣許可(管工事業・消防設備工事業)を取得。
昭和58年10月
徳島県板野郡松茂町に徳島営業所を開設。
昭和59年4月
株式会社神戸製鋼所の地区代理店としての登録を取得。
昭和59年11月
株式会社ダイヘンの代理店としての登録を取得。
昭和60年4月
住金溶接工業株式会社(現:日鐵住金溶接工業株式会社)の代理店としての登録を取得。
平成3年4月
株式会社神戸製鉄所の地区指定商社としての登録を取得。
平成3年12月
在宅酸素療法の医療関連サービスマークの認定を受け、四国内の患者サービスを開始。
平成5年4月
松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)の代理店としての登録を取得。
平成5年9月
高知県南国市の高知カシオ株式会社(現:株式会社オルタステクノロジー)内に営業開発部カシオ分室(現:オルタス高知事業所)を開設し、半導体製造用高圧ガス・薬液の納入および関連施設の維持・管理業務を開始。
平成7年2月
医療ガス配管保守点検業務の医療関連サービスマークの認定を受ける。
平成11年10月
藤沢薬品工業株式会社(現:アステラス製薬株式会社)と業務提携し、在宅酸素療法(酸素濃縮装置)の営業を開始。
平成12年4月
日本で唯一の「フッ素ガス表面処理」専門の研究機関である、F技術支援センターを開所。株式会社島津製作所の代理店としての登録を取得。
平成14年1月
ISO取得(9001)本社・高松事業所。
平成15年1月
ISO取得(9001)多度津事業所・新居浜事業所・エヒメ酸素。
平成15年4月
株式会社高亜溶材と業務提携。
平成16年4月
長谷川酸素株式会社と業務提携。
平成16年5月
ISO取得(14001)高松帝酸・エヒメ酸素。
平成18年6月
愛媛県今治市にエヒメ酸素株式会社今治営業所を開設。
平成29年4月
本社敷地内に、燃料電池自動車(FCV)に水素を供給する『移動式水素ステーション』を開所。
平成29年6月
建設業、国土交通大臣許可(内装仕上工事業)を取得。
平成29年12月
愛媛県四国中央市に四国中央営業所を開設。
平成30年1月
株式会社佐々木酸素店と業務提携。

サービスや製品についてのお問い合わせはこちらまで

お問い合わせフォーム

TEL 087-822-5222[代表]

TAKATEI LABタカテイラボ